住まいるコラム

2020-10-17
ハウジングデータFile

広島県を中心に展開する住宅メーカーや不動産会社に話を聞き、
事業内容や旬の不動産情報をさまざまな角度から紹介します。

横川の好立地に新店 気軽に

 住まいの新しい情報拠点として、10月9日、三井のリハウス横川駅前センター(広島市西区)がJR横川駅に隣接する商業施設「カジル横川」1階にオープンしました。

 中区や西区を中心とした戸建てとマンションの購入、売却に関する多彩なニーズに対応。店頭には75㌅の大型デジタルサイネージ(電子看板)を2台設置し、各種の不動産情報やイメージ映像を発信しています。天井が高く、開放感のある店内には、4タイプの商談スペースを設け、モニターで最新の物件を確認しながら打ち合わせができます。

 横川駅近くに立地し、アクセスに恵まれているため、休日はもちろん、平日の仕事帰りや買い物の合間に気軽に立ち寄れる点も魅力の一つです。三井のリハウスでは、1組のお客さまを複数の営業スタッフが担当するユニット制を導入。チームワークを発揮しながら、ご要望やご相談にきめ細かに対応し、好評を得ています。広島市内にある他の4店舗とも連携を取りながら、住まいの夢を実現するためのお手伝いをします。

三井のリハウス横川駅前センター

外観

4人掛けの商談スペース

カウンター席

8人掛けの商談スペース

開放的な店内

受付

大型デジタルサイネージ

営業スタッフ

三井不動産リアルティ中国(株)国土交通大臣(6)第5169号

担当者写真

三井不動産リアルティ中国
横川駅前センター所長
高田 匡秀さん