住まいるコラム

2019-10-19
暮らし発見!!住まいるコラム

住まいや暮らしに関わる専門家がテーマに沿って語るコーナーです。
今回は、廿日市市に事務所「土居建築工房」を構える建築家の土居郁夫さんがコンクリート住宅の特色や魅力を紹介します。

コンクリート住宅 広く明るく デザイン自在

 コンクリート住宅は堅固な構造で、耐震性や耐火性、遮音性などに優れています。中でも、型枠を外したままのむき出しの状態で、塗装やタイルなどを施さないコンクリート打ち放しには独特な風合いと素材感があり、外観にスタイリッシュでクールな印象を与えます。

 壁面で建物全体を支えるため、柱の間隔を広く保つことができ、大空間を生み出しやすいのも魅力の一つ。部屋の仕切りをできるだけ少なくし、居住スペースを広くしたいという家族には特にぴったりです。その他、窓などの大開口も取りやすく、デザインの自由度が高いといえます。

 廿日市市平良山手の2階建ては、打ち放しの外壁と木製ルーバーを組み合わせた外観デザインに。コンクリートの無機質なたたずまいと木の温かさが好対照をなしています。2階リビング北側をガラス張りにし、グレーチングのテラスとつなげて、開放感を演出しました。

 同市須賀の2階建ては、正方形の建物の南東側4分の1を2層の中庭とし、木製ルーバーで覆いました。2階は中庭に面する側を窓にしたほか、壁に囲まれた3面も屋根との境目に細長い窓を巡らせ、光を取り入れました。

 また、同市須賀にある2世帯住宅は極端に細長い敷地に建築しました。2階建てで、間口は北側3メートル、南側6メートル、奥行きは30メートルといった末広がりの住宅棟をガラス張りの階段室と中庭で3分割。1階の親世帯、2階の子世帯のどの居室にも窓から光が入るよう工夫しました。

廿日市市平良山手の住宅。外壁の一部に木製ルーバーを使用。2階テラスとリビングが一体化し、30畳を超える広さに。

同市須賀の2階建て住宅。ハイサイドライトを設けるなど採光にひと工夫。

同市須賀の2世帯住宅。住宅密集地のため、階段室と中庭以外は開口部を最小限に抑え、プライバシーを守る。

担当者写真

土居 郁夫さん