住まいるコラム

2019-05-18
暮らし発見!!住まいるコラム

住まいや暮らしに関わる専門家がテーマに沿って月替わりで語るコーナーです。
5月はひろぎん広島個人ローンセンター(広島市中区)でセンター長を務める清水英男さん。
第2回のテーマは「住宅ローンの手続きと注意点」です。

住宅ローン編 返せる金額基準に計画を

 住宅ローンの借り入れをする場合は、いくらまで借りられるかではなく、いくらなら支払えるかを基準に考えるべきです。借入額を多くすれば、購入予算は増えるものの、返済負担も増えます。子どもの教育費や結婚費用、老後の生活費用など、将来のライフイベントを考えた上で返せる金額を割り出しましょう。

 賃貸住宅からマイホーム取得を考える場合は、月々の家賃が目安になります。仮に家賃が10万円という家族が、35年返済(金利1.5%)で3千万円を借り入れると、月々の支払いは約9万2千円に(ボーナス返済なし)。現在の家賃と同じ水準であるため、住宅取得後の支出の変動は少ないと言えます。この家族に500万円の自己資金があったとすれば、3,500万円の物件を検討してもよいかもしれません。

 購入する物件や借り入れ希望額が決まったら、仮審査を受けます。金融機関と保証会社にて世帯主の勤務先や年収、年齢、家族構成などを基に仮審査を行った上で、借り入れ希望額への回答を行います。

 その後は、住宅ローンを正式に申し込み、金融機関と保証会社の正式な審査を受けます。この時、追加書類の提出、勤務先や自宅への連絡が必要な場合があります。

 審査に通ったら、金融機関の窓口でローン契約を結びます。印紙税や保証会社保証料、取扱手数料などの諸費用が必要です。融資対象不動産(土地・建物)を担保に抵当権を設定登記して、資金を受け取ります。司法書士に支払う登録免許税、登記代行手数料は、資金を受け取る時にまとめて手続きするのが一般的です。

 注意が必要なのは、住宅ローン金利の決定時期です。全期間固定金利型の住宅ローン「フラット35」やほとんどの民間ローンは、ローンの申込時ではなく、実際に融資が実行された時の金利(実行時金利)が適用されます。申込時より実行時に金利が上昇している場合は、資金計画に影響が及ぶ場合もあります。金利の動向には注意を払う必要があります。ちなみに広島銀行の場合は、ローンの申込時の金利が適用される商品もあります。

担当者写真

清水 英男さん

広島銀行_ロゴ

問い合わせ/広島個人ローンセンター フリーダイヤル:(0120)293801
営業時間/9:00〜16:30(水・土曜、祝日およびおおみそか、1月1、2、3日を除く)