住まいるコラム

2019-07-13
暮らし発見!!住まいるコラム

住まいや暮らしに関わる専門家がテーマに沿って月替わりで語るコーナーです。
7月は、Tree styleの中塩五月さん。インテリアコーディネーターで住空間収納プランナーとしても活躍しています。暑い夏を快適に過ごす、住まいづくりのこつを聞きました。
2回目のテーマは「窓辺の日差し対策」です。

夏の部屋づくり編 窓の内外で直射日光を遮断

 夏に室内が暑くなるのは、屋根や壁、窓などから熱が入ってくるからです。特に、窓からの直射日光は室温を上昇させます。窓の内側と外側から対策をしていきましょう。

 最も一般的なのは、遮光性のカーテンやロールスクリーンを取り付けること。生地の遮光性にはいくつかのランクがあります。光をほぼ完全に遮るものは、室温が上がりにくい半面、昼間でも室内が暗くなるのが難点。最近は、特殊コーティングで光を透過しながら遮熱する生地も出てきています。カーテンを選ぶ際は、色・柄に加えて、生地の性能も検討するといいでしょう。

 ブラインドは風を通し、羽根の角度によって光量が調節できる優れもの。最近注目されている木製ブラインドは、見た目も涼しげです。キッチンや洗面所には、水に強いアルミ製が向いています。

 窓の外には、すだれやよしずに代わる機能的なアイテムを導入してみては。例えば、屋外用遮光ロールスクリーンは、高い省エネ効果を発揮します。ひさしの代わりになるオーニング(テント)もお薦め。適度な日陰をつくりつつ、風通しの邪魔をしないため、カーテンに比べ冷房稼働率が半分になるともいわれます。また、窓ガラスに貼る遮熱フィルムも効果的です。

木製ブラインドで光量を調節

室内に入る光の量がコントロールできるブラインド。木製を選ぶと、ナチュラルな空間が引き立ちます。
(写真提供/タチカワブラインド)

2枚重ねで光量を調節

レースのカーテンは風を通す半面、遮光性はありません。遮光性のあるカーテンを重ねて設置し、日差しの強い時間帯に活用しましょう。

日陰をつくるオーニング

日光をカットしつつ、空気の流れを遮りません。柔らかな日陰ができるので、ベランダに設置する家庭も増えています。
(写真提供/TOSO)

窓の外で日光をカット

屋外用遮光ロールスクリーンは、直射日光を室内に入る前にカットし、夏場の冷房効率を高めてくれます。
(写真提供/TOSO)

担当者写真

中塩 五月さん

Tree style
TEL:090-1013-4245 http://tree-style.jp/