住まいるコラム

2019-01-19
新 家づくりマイスター

採光にこだわり 敷地の特徴生かす

外観

2階

吹き抜けLDK

1階カウンター

 敷地の特徴を生かした開放感ある住まいづくりを基本にしています。こだわりは、光の取り入れ方です。

 昨年4月、広島市中区に完成した木造2階建ては敷地南に3階建ての住宅が隣接。プライバシーを守りながら、どう採光するかが課題でした。そこで棟の東側に、高さが約6メートルある吹き抜けのLDKを置き、天井近くに大窓を設置。窓から差し込んだ光が白い壁に反射して、LDKを明るく照らすよう工夫しました。

 大窓の下には戸棚付きのカウンターを造作。親子で絵本を読んだり、勉強ができる場を設けました。

 さらに2階の個室と主寝室をつなぐ廊下は約5.5畳の広さを確保。家族でくつろげるフリースペースとして利用できるよう、書棚も備え付けました。住まいの快適性を高めるだけでなく、生活を楽しめる空間を形にすることも重視しています。

マイスター 写真

F憩家(フィーカ)デザイン 居藤 節子さん
 いとう・せつこ 1963年岩国市生まれ。広島市内の設計会社やリフォーム会社などの勤務を経て2012年に独立。廿日市市に事務所を設け、店舗設計やインテリアコーディネートも手掛ける。
●問い合わせ TEL:090-1180-4182