住まいるコラム

2016-12-24

スマイル広がる
いい暮らし探訪

家具店編

日常を彩るすてきなアイテムを紹介します。

くつろぎのビンテージ調家具

Billows Hiroshima (ビローズヒロシマ)

 2013年にオープンした家具店です。アメリカンビンテージの風合いを生かした家具メーカー「アクメファニチャー」や、人気セレクトショップ「ジャーナルスタンダード」の家具など、広島ではあまり取り扱いのない商品を品ぞろえ。「おしゃれ感はもちろん、くつろぎを重視し、私自身がほれ込んだ家具を厳選しています」とマネジャーの原田浩子さんは話します。ネット販売も手掛けていますが「木の質感や色味を確かめたい」と山口県や島根県など遠方からの来客も多数。「家具はサイズも金額も大きな買い物。じっくり見ていただきたいですね」と語ります。インテリア雑貨や器など小物も充実。模様替えのアドバイスも行っています。

写真1

エスエーシーワークスの
ドレッサー&スツール

日本人の職人の手で丁寧に作られた、シンプルで温かみのあるドレッサー。メークをゆっくり楽しんでみては。15万5065円

写真2

ジャーナルスタンダードの
スツール

鉄製の脚と木の座面のコラボが特徴。使う場所に合わせて高さが調節できます。2万3760円

写真3

マット

玄関やリビング、寝室などに幅広く使えます。ビンテージ風インテリアのアクセントに。3564円

写真4

アクメファニチャーの
テーブルランプとバンクチェア

ランプは2段階に調光でき、ベッドサイドにもマッチ。1930年代に米国の銀行で使われていた椅子をモチーフにしたチェアは座り心地抜群です。ランプ2万3760円、チェア3万240円

日常から学ぶ タイトル写真
日常から学ぶ 写真1

 ソファのような大型家具のイメージチェンジには、布を使うのがお勧め。マルチカバーやブランケットを背にかけたり、クッションカバーを替えたりして楽しみましょう。

日常から学ぶ 写真2

 透明なガラス扉のキャビネットには、お気に入りの器をディスプレーしてみては。北欧を意識したブルーの美濃焼は、和食器ながら洋風のインテリアになじみます。

店舗写真

Billows Hiroshima (ビローズヒロシマ)
広島市中区光南1-12-3
TEL:082(569)6081
◆営業時間/11:30〜18:30
◆定休日/水曜(祝日の場合翌日)、12月30日〜1月3日

http://billows-online.com/